エボラ熱拡大でシエラレオネでの事業拡張延期-ダンゴート

ナイジェリア最大の企業でアフリカ の建材メーカー最大手、ダンゴート・セメントは、エボラ出血熱感染の 拡大を理由にシエラレオネでの事業拡張を延期したことを明らかにし た。

デバクマール・エドウィン最高経営責任者(CEO)は4日の電話 会議で「シエラレオネでの事業は今月開始予定だったが、エボラ出血熱 に伴う危機によりプロジェクトを保留せざるを得なくなった」と説明。 「危機的状況が収まり次第、速やかに開始する予定だ」と述べた。西ア フリカでは感染により約5000人が死亡している。

各社は、エボラ出血熱の感染が最も拡大している西アフリカのシエ ラレオネ、ギニア、リベリアの3カ国への投資を抑制している。ダンゴ ート・セメントの親会社であるダンゴート・インダストリーズは9月 に、エボラ出血熱に対する懸念が広がったことを受けてナイジェリアの 商業都市ラゴスで予定していた投資家訪問を延期した。アフリカ最大の 経済国であるナイジェリアでは、エボラ出血熱により7人が死亡した が、同国は10月に感染の終息を宣言している。

原題:Dangote Cement Sierra Leone Expansion Delayed by Ebola Outbreak(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE