欧州株:続落、ユーロ圏成長率見通し下方修正-石油銘柄安い

4日の欧州株式相場は続落。ユーロ 圏の成長率見通しを欧州委員会が下方修正したほか、原油価格の急落を 受けた石油関連銘柄の下げが響いた。

指標となるストックス欧州600指数を構成する業種別指数では、石 油関連が最も下げ、英ハンティングとシードリルが大幅下落。ドイツの 衣料メーカー、ヒューゴ・ボスは5%安。2014年売上高見通しを引き下 げた。一方、スウェーデンの警備サービス会社セキュリタスは約7年ぶ り高値。四半期利益が予想を上回った。

ストックス欧州600指数は前日比1%安の330.88で終了。先週は週 ベースで年初来最大の上昇を記録したが、週明けの前日はポストNLや ホルシムの決算を嫌気して0.8%下落した。6月に付けた6年ぶり高値 を5.4%下回っている。

メリテン・インベストメント・マネジメント(デュッセルドルフ) で資産運用に携わるトビアス・ブリッチュ氏は「相場はマクロ要因のほ か、中央銀行や政治家による決定に左右されている」と指摘。「これま でのところ、決算シーズンはまあまあだ。最終利益で見れば、50%超が 市場予想を上回った。とはいえ、2014年と15年の1株利益の伸び見通し はやや引き下げられた」と付け加えた。

欧州委の発表によると、14年のユーロ圏成長率は0.8%、15年 は1.1%の見込み。5月時点はそれぞれ1.2%、1.7%と予想していた。 ユーロ圏の15年インフレ率は、欧州中央銀行(ECB)の予測を下回る との見通しも示した。

この日の西欧市場では、18カ国中15カ国で主要株価指数が下落。独 DAX指数は0.9%、仏CAC40指数は1.5%それぞれ下げた。英 FTSE100指数は0.5%下落。

原題:European Stocks Slide Second Day as EU Cuts Forecasts, Oil Drops(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE