思い当たりますか、昇進できない理由-あなたを上司は信頼せず

米企業を率いて いる経営幹部らは、部下の中間管理職をあまり信頼していない。デロイ ト・コンサルティングのリポートで分かった。

それによると、経営幹部の52%が直属の部下について、自分たちと 同じ地位に昇進するのに必要な指導力がないと考えている。

さらに上のグループになるとこれは一段と顕著で、59%の幹部らが 部下に十分な力がないと感じている。

上司らによると、管理職の多くは昇進を望んですらいない。役職に 「最高(Chief)」の付く最高幹部の44%が「個人的な野心とモチ ベーション」の欠如が部下の昇進を妨げていると回答した。一方、最高 幹部予備軍の50%は「リーダーになるためのトレーニングの機会が全く あるいはほとんどないこと」を出世を妨げる第一の要因に挙げている。

デロイトのジム・モファット会長兼最高経営責任者(CEO)は 「人材をどう育てるかが成功の鍵なのに、企業がそれについてよく考え ているようには見えない」とコメントした。

米企業は継承計画を持たなければならないと同CEOは指摘。あら ゆるレベルの管理職を新しくより大きな課題に直面する職務に交代で就 かせ経験を積ませることが必要で、経営学修士号(MBA)プログラム などだけでは不十分だとモファット氏は言う。

経営大学院の卒業生を雇おうとしている企業への同氏のアドバイス は「リーダーとしての経験よりも試験の点数を重視するのは間違い だ」。一方、経営陣の仲間入りを目指す社員へのメッセージは「雇用主 からの支援を当てにするな」。

最高幹部予備軍で必要なトレーニングが受けられると回答したのは 半分弱。無理もない。最高幹部で部下にリーダーとしてのスキルを身に 付けてもらおうと心を砕いているのは49%にすぎないのだから。

原題:Your CEO Doesn’t Think You Deserve a Promotion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE