アリババが上場後の初決算-7~9月利益予想上回る、株価上昇

更新日時

中国の電子商取引運営会社アリバ バ・グループ・ホールディングの上場後初となる決算では、利益がアナ リスト予想を上回った。中国内で携帯端末を使った利用が増加し、広告 収入の拡大につながった。株価は上げ、9月の新規株式公開(IPO) 以来の上昇率は54%となった。

同社の4日発表によると、7-9月(第2四半期)の調整後利益は 1株当たり2.79元(約52円)。ブルームバーグがまとめたアナリスト予 想の平均は2.74元だった。売上高は54%増の168億元。アナリスト26人 の予想平均は160億元だった。

9月現在で3億700万人のアクティブバイヤー(特定期間内の購入 者)を持つアリババは、利用者の嗜好(しこう)情報を分析するツール を提供することで出店数を増やそうとしており、馬雲(ジャック・マ) 会長は10月、携帯端末を使った支払いサービスで米アップルと提携する 可能性があるとの考えを示した。この日のアリババの発表によれば、中 国の小売市場全体での売上高の約29%が携帯端末経由となっている。

4日のニューヨーク市場でアリババのADR(米国預託証券)は前 日比4.2%高の106.07ドルで終了した。

売上高が大きく伸びた一方、利幅は縮小。新たに買収した事業との 統合コストのほか、携帯端末システムへの投資やマーケティング費用が 影響した。

純利益は39%減の30億3000万ドル。株式ベースでの報酬費用の「大 幅」な増加や無形資産の償却が影響した。

原題:Alibaba’s First Earnings Report After IPO Delivers Growth (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE