香港H株反発、中国のシルクロード基金観測-本土株変わらず

更新日時

香港に上場する中国本土株の指標、 ハンセン中国企業株(H株)指数が反発した。中国がシルクロード通商 ルート沿いのインフラ整備を賄う163億ドル(約1兆8500億円)規模の 基金を計画しているとの観測が材料となった。

交通インフラ建設を手掛ける中国交通建設(1800 HK)は香港市場 で9%高。建機メーカーの三一重工(600031 CH)は上海市場で7.5%上 昇した。事情に詳しい複数の関係者によれば、基金の資金は中国各省の 鉄道や道路、パイプラインの建設・拡張に使われる。

中国鉄建(1186 HK、601186 CH)は香港、上海市場でいずれも3% を超える上昇。同社を中心としたグループがメキシコ高速鉄道の建設契 約を獲得した。受注額は43億ドル。

香港市場でH株指数は前日比0.6%高の10727.78。カジノ銘柄など が下げた影響で、ハンセン指数は0.3%安で引けた。本土市場では上海 総合指数が2430.68に上げたものの、上昇率は0.1%に満たなかった。 CSI300指数はほぼ変わらず。

光大証券の曾憲釗アナリストは、中国の習近平国家主席がアジア太 平洋経済協力会議(APEC)首脳会議前の会合でシルクロードを対象 とした大規模な投資計画を「討議するとの観測がある」とし、「投資家 はそれを期待して待っている」と述べた。

原題:Chinese Stocks in Hong Kong Rise on Infrastructure Spending Bets(抜粋)

--取材協力:Weiyi Lim.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE