ダイヤの秘密のベール脱ぐデビアス-アングロが投資呼び込み

事業の主要部分を120年余りにわた って秘密のベールで覆い隠してきたダイヤモンド生産会社デビアスが、 親会社である英アングロ・アメリカンをより輝かせるために秘密のベー ルを脱ぎつつある。

銅や石炭、鉄鉱石を生産する鉱山会社アングロは3日、投資家とア ナリストを対象に90分間のプレゼンテーションを実施し、デビアスがこ れまで公表したことのない情報を開示した。例えば、最高品質のダイヤ の産地や1カラット当たりの価格などだ。

アングロはダイヤ部門を資産家のオッペンハイマー家から2012年に 買収。アングロ株に投資する投資家に情報を提供することは、ダイヤ事 業をアピールする最善策だ。ダイヤ価格は過去5年間に約75%上昇し、 同社が採掘する主要生産物の中で最も高いパフォーマンスを示してい る。

インベステックの世界天然資源担当責任者、ジェレミー・ラットホ ール氏は「透明性や開示、公開性は株主にとって最善の利益となる。彼 らはノーとは言えない」と指摘する。同氏はデビアスを、アングロの王 冠を飾るひそかな宝石であり、同部門の価値は200億ドル(約2兆2700 億円)に達すると見込んでいる。デビアスはアングロの売上高の 約20%、利益の約25%を占める。

アングロは9月に初めてダイヤ業界情報の概要をまとめた分析リポ ートを発表した。同業界についての信頼できるデータはダイヤそのもの と同様に希少だ。

アントワープを拠点とする業界コンサルティング会社ジェムダック スのパートナー、アニシュ・アガルワル氏は「アングロの取り組みなど により、デビアスの資産としての魅力が増す」との見方を示した。

原題:De Beers Lifts Veil on Diamond Secrets as Anglo Woos Investors(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE