米カリフォルニア州の今年の加工用 トマト生産高が過去最高水準に達した。同州は干ばつに見舞われ、他の 野菜の生産高は落ち込んでいる。同州はパスタソースやスープなどに利 用される加工用トマトの世界生産の約3分の1を占める。

カリフォルニア州トマト生産者協会によれば、同州の今年の加工用 トマト生産高は推計1400万トンと過去最高で、前年比では16%増加し た。米キャンベルスープなど加工業者への卸売価格も1トン当たり83ド ルと過去最高値に達した。

サクラメントの南約179キロメートルにある7000エーカーの農地で トマトなどを家族で栽培するアーロン・バーセロス氏は、「生産者が水 に関するリスクを負い、限られた量の水を他の農作物ではなくトマトに 振り向けようと受け止める価格水準に達した。加工業者は栽培面積の確 保に応じた価格を支払う必要があった」と語る。

カリフォルニア州では3年間にわたって降水量が過去最低水準にと どまり、82%が極度の干ばつに見舞われている。このため、米最大規模 の農業地帯への給水が制限されている。米農務省によると、かんがいが できず一部の農地で農産物が栽培されていないため、干ばつの影響で全 米の食料価格が上昇する可能性が高い。

原題:Tomato Demand Spurs Record California Crop as Drought Worsens(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE