ブラックストーンがインコ売却合意近づく、80億ドル強-関係者

更新日時

米投資会社ブラックストーンは米国 の産業用不動産を所有するインコ・プロパティーズを政府系ファンドの シンガポール政府投資公社(GIC)率いる投資家に80億ドル(約9090 億円)強で売却することで合意に近づいている。事情に詳しい関係者2 人が明らかにした。

関係者1人によると、双方は原則合意に達したが、交渉はなお決裂 の可能性がある。GIC率いる投資家グループは買収費用を手当てする ため50億ドルの起債を目指していると、別の関係者が明らかにした。

ブラックストーンとGICの広報担当はいずれもコメントを控えて いる。

事情を知る関係者1人の8月時点の話では、インコ・プロパティー ズは新規株式公開(IPO)を通じて約10億ドルの調達を計画してい た。実現していれば同社は約80億ドルと評価されたとみられる。ただ、 株式相場が不安定な状況では、ブラックストーンは相対で売却すること により主要資産で確かな利益を得られる。

シカゴを本拠とするインコは9月8日、不動産投資信託 (REIT)としてIPOを行う計画を非公開ベースで米証券取引委員 会(SEC)に届け出ていた。関係者1人によると、ブラックストーン とGICが正式合意に達しない場合にインコがIPOを実施する可能性 はまだあるという。

インコが保有する全米の倉庫の面積は延べ約1億1800万平方フィー ト(約1100万平方メートル)。

原題:Blackstone Said Near $8 Billion Deal to Sell IndCor Properties(抜粋)

--取材協力:Klaus Wille.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE