豪統計局:9月の雇用者数全体の数字を2万4400人下向き改定

オーストラリア統計局は4日、同国 の労働市場がこれまで公表されたよりも弱い状態にあることを明らかに した。これを受けて、オーストラリア準備銀行(中央銀行)による政策 金利の据え置きが続くとの観測が広がり、豪ドルは下落した。

豪統計局は発表資料で、9月の雇用者数全体の数字を当初の発表か ら2万4400人下向き改定し、失業率は6.1%から6.2%に引き上げた。

統計局は先月、雇用統計の見直しを指示したが、数字の変化が急に 激しくなった理由を明確に説明することは難しく、調査における新たな 質問や鉱山ブームの後退といった要因が考えられると指摘していた。

統計局は発表資料で、「毎月の労働力サーベイの一環として実施さ れる補足的調査の変更が重要な要因として特定された。豪統計局はこの 影響を考慮して新たな季節調整の手法を開発した」と説明した。

豪ドルはシドニー時間午後0時40分(日本時間午前10時40分)現 在、1豪ドル=0.8689米ドル。統計局の発表を受けて、一時は0.8654米 ドルまで下げた。

原題:Australia Loses 24,400 Jobs as Bureau Revises Employment Data(抜粋)

--取材協力:Victoria Batchelor.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE