ブラジル株:ボベスパは下落-今年の成長率予想引き下げを嫌気

3日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が下落。世界の主要株価指数の下げの中心となった。エ コノミストがブラジルの今年の成長率予想を下方修正したことから、内 需関連企業の見通しが悪化した。

ビールメーカーのアンベブは1.2%安。ブラジル石油公社(ペトロ ブラス)は2.8%下落し、ボベスパ指数の下げに最も響いた。先週開か れた同社取締役会で、燃料価格の値上げは検討されなかったと事情に詳 しい関係者1人が明らかにした。一方、電話会社オイは3.1%上昇。ル クセンブルクの放送・通信サービス企業アルティスは、オイのポルトガ ル資産を70億ユーロ(約1兆円)で取得する買収案を提示した。

ボベスパ指数は前週末比1.2%安の53947.21で終了。指数を構成す る70銘柄のうち56銘柄が下落した。ブラジル中央銀行が3日公表したエ コノミスト約100人を対象とする調査結果によれば、今年の経済成長率 予想は0.24%(中央値)と、前週の0.27%から引き下げられた。

オラマ・アセット・マネジメントのパートナー、アルベイロ・バン デイラ氏は電話取材に対し、今年は「国にとっても企業にとっても非常 に悪い年になるだろう」と述べた。

原題:Ibovespa Leads Global Losses as Economists Lower Brazil Outlook(抜粋)

--取材協力:Sabrina Valle、Ney Hayashi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE