NY銅:3日ぶり上昇-米ISM製造業景況指数を予想上回る

3日のニューヨーク銅先物相場は3 営業日ぶりに上昇。米供給管理協会(ISM)が発表した10月の製造業 総合景況指数が市場予想を上回る製造業の拡大ペースを示唆したことが 好感された。米国は世界2位の金属消費国。

銅相場は先月、月間ベースで6月以来の大幅な上げを記録した。米 国の成長や、世界最大の金属消費国である中国の景気安定化の兆候が背 景。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物12 月限は前週末比0.6%高の1ポンド=3.065ドルで終了。前の2営業日で は1.9%下落していた。10月は月間で1.3%上昇した。

ロンドン金属取引所(LME)の銅相場(3カ月物)は0.4%高の 1トン=6720ドル。

LMEのアルミニウム、鉛、スズは上昇。ニッケルと亜鉛は下落し た。

原題:Copper Advances as U.S. Manufacturing Gains Buoy Demand Outlook(抜粋)

--取材協力:Agnieszka de Sousa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE