11月3日の欧州マーケットサマリー:株とイタリア国債が下落

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.2485   1.2525
ドル/円            113.95   112.32
ユーロ/円          142.27   140.68


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  334.25     -2.55     -.8%
英FT100     6,487.97   -58.50     -.9%
独DAX      9,251.70   -75.17     -.8%
仏CAC40    4,194.03   -39.06     -.9%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .05%        +.01
独国債10年物     .85%        +.01
英国債10年物     2.27%       +.03


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,167.75    +3.50     +.30%
原油 北海ブレント         86.01      +.15     +.17%

◎欧州株:下落、決算に失望-ポストNLやホルシム安い

3日の欧州株式相場は下落。オランダの郵便サービスのポストNL やスイスのセメントメーカー、ホルシムの決算が投資家を失望させた。

ストックス欧州600指数は前週末比0.8%安の334.25で終了。イタリ アの公益銘柄の下げも目立った。同指数は先週は週ベースの上昇率 が2.9%と、今年に入って最大の上げを記録していた。年初来安値を付 けた10月16日からは7.8%回復し、株価収益率(PER、予想収益ベー ス)は15.5倍と、2009年以来の高水準に接近した。

ストアブランド・アセット・マネジメントのファンドマネジャー、 エスペン・ファーネス氏(オスロ在勤)は「力強い相場回復の後のちょ っとした小休止だ」と指摘。「投資家は依然として慎重だ。決算が注目 材料。今後、投資家はますます選別色を強めるだろう」と話した。

ホルシムは2.6%下落。同社の四半期純利益と売上高はともにアナ リスト予想を下回った。ポストNLは13%下げて約1年2カ月ぶり安 値。四半期純利益が市場予想の半分にも満たなかった。フランスの広告 会社ピュブリシス・グループは2.3%の値下がり。同社は米コンサルテ ィング会社サピエントを現金37億ドルで買収することで合意した。

この日の西欧市場では、18カ国中14カ国で主要株価指数が下落。独 DAX指数は0.8%、仏CAC40指数は0.9%それぞれ下げた。英 FTSE100指数も0.9%下落。

原題:European Stocks Decline as Holcim, PostNL Retreat on Earnings(抜粋)

◎欧州債:イタリア債下落、ECBは今週は動かずとの見方で

3日の欧州債市場では、イタリア国債が5営業日ぶりに下落。欧州 中央銀行(ECB)が今週の政策委員会では追加緩和を見送るとの観測 が広がっている。

スペイン国債も値下がりし、10年債は先月20日以来で最大の利回り 上昇となった。デフレ回避策としてカバード債購入を10月に開始した ECBは、6日に定例政策委員会を開く。イタリア債務管理局のマリ ア・カンナータ局長はこの日ブリュッセルで、ECBが資産購入の対象 をソブリン債に広げてもプラス効果は不明だと発言した。

ラボバンク・インターナショナルの債券ストラテジスト、リン・グ レアムテーラー氏(ロンドン在勤)は「圧力は高まってはいるものの、 ECBはこの木曜日は行動を起こさないと予想されている」と指摘。ス ペインとイタリアの国債が特に売られているのは「周辺国の債務が重 く、デフレ懸念があるからだ」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時22分現在、イタリア10年債利回りは前週末比 6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.41%。同国債 (表面利率2.5%、2024年12月償還)の価格は0.545下げて100.925。ス ペイン10年債利回りは7bp上昇の2.14%

ドイツ10年債利回りは2bp上昇の0.86%。一時は0.81%に下が り、10月16日に付けた過去最低と同水準になった。

中銀による緩和措置を受け、ユーロ圏の国債利回りは低下基調にあ った。バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチ指数によれば、 平均利回りは10月1日に1.01%と、少なくとも1994年以来の低水準を記 録。先月31日は1.06%だった。イタリアのカンナータ局長は利回り低下 がここまで進んだことを指摘し、これ以上のECB追加緩和が効果を発 揮するかどうかは疑問だと述べた。

原題:Italian Bonds Drop Before ECB Meet; Cannata Doubts QE Usefulness(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE