エボラ生存者の血液使い治験、来年早期の利用に道開く可能性

世界保健機関(WHO)によると、 エボラ出血熱のワクチンや治験薬が利用可能になる前に、エボラ熱生存 者から採取した血液が来年早期には患者の治療に使われる可能性があ る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。