世界保健機関(WHO)によると、 エボラ出血熱のワクチンや治験薬が利用可能になる前に、エボラ熱生存 者から採取した血液が来年早期には患者の治療に使われる可能性があ る。

数週間内にギニアとリベリア、シエラレオネで数百人の患者を対象 に生存者の血液を使った研究を開始、早ければ2015年早期に結果が出る 見込みだとWHOのデービッド・ウッド氏は明らかにした。結果が良け れば、血液を使った治療を拡大する取り組みが速やかに開始されるとい う。ウッド氏はジュネーブのWHO本部でインタビューに応じた。

ウッド氏は「これは依然として未知の療法だ」と指摘。「それでも 妥当な選択肢だと誰もが同意している。それを踏まえてわれわれは前に 進めている」と述べた。

原題:Ebola Survivor Blood Trials May Pave Way for Use Early Next Year(抜粋)

--取材協力:Jason Gale.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE