丸紅:インスタントコーヒー供給拡大へ、アジアにも軸足

総合商社の丸紅はインスタントコー ヒーの供給を拡大する方針だ。ブラジルに持つ製造子会社を完全子会社 化するとともに、需要が急成長しているアジア地域でも新たな供給体制 を築き、事業の拡大を目指す。

飲料原料部長の梶原和幸氏がブルームバーグとのインタビューで明 らかにした。これまでコーヒーの生産国と見ていた東南アジア諸国連合 (ASEAN)について「生産国であり消費国でもあるという見方に変 わってきた」と指摘。その上で「インスタントコーヒーの製造拠点はブ ラジル1本足だったが、アジアにも軸足を移す」との方針を示した。

財務省の貿易統計によると、2013年のインスタントコーヒーの輸入 量は1万1200トン。丸紅はそのうち3分の1程度を取り扱う大手。レギ ュラーコーヒー用のコーヒー生豆も含めた世界的なコーヒートレーダー を目指すとしている。

丸紅は9月、インスタントコーヒーを生産するブラジルのカフェ・ イグアスに株式公開買い付け(TOB)を実施。約40億円を投じて出資 比率を64%から98%に引き上げた。イグアスは10月にサンパウロ証券取 引所の上場を廃止。残る株式も取得して早期に100%子会社化する。

イグアスの年間生産能力は2万トン。インスタントコーヒーの単一 工場での生産能力は世界最大規模といい、日本や欧米など世界30-50カ 国で大手コーヒーメーカーなどに販売している。

国際コーヒー機関(ICO)によると世界のコーヒー需要は2020年 までに年間1.5-2.5%の伸びが見込まれている。丸紅ではインドネシア やタイ、ミャンマーなどでは世界平均を大きく上回る2けたの成長を見 込む。特にインスタントコーヒーと粉ミルク、砂糖が1セットとなった 「スリーインワン」と呼ばれる商品の需要が高く、インスタントコーヒ ーの製造会社も現地に設立されている状態という。

丸紅では、イグアスからの供給にとどまらず、ベトナムやインドネ シアなどにおいてもインスタントコーヒーの供給源を確保したい考え。 製造工場の新設は採算的にも合わないため、他社との提携なども含めて 具体的な施策を検討していく。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE