NY原油:2年ぶり安値、80ドル割れ-サウジの価格変項で

ニューヨーク原油先物市場のウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)は大幅下落し、約2年 ぶりの安値。サウジアラビアがアジアと欧州向けの原油販売価格を引き 上げた一方、米国向け価格を引き下げたことがきっかけ。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キ ャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は「サウ ジの行動は、最近縮小した米国での市場シェアを維持したい意向をうか がわせる」と指摘。「サウジは価格と需要に対して心地よく感じている ようだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前週 末比1.76ドル(2.19%)安の1バレル=78.78ドルで終了。終値ベース で2012年6月28日以来の安値。年初からは20%の値下がり。

原題:WTI Oil Tumbles to Two-Year Low as Saudi Arabia Cuts U.S. Price(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE