スプリント株が一時14%安、解約50万件で利益見通し引き下げ

更新日時

4日のニューヨーク株式市場で、米 携帯電話サービス3位、スプリントの株価が急落。同社は前日、11四半 期連続で契約者数が減少したことを明らかにし、今年の利益見通しを下 方修正した。

3日の発表資料によると、スプリントは約2000人の従業員削減を実 施する。今回の削減は全従業員3万1000人の約6.5%に相当するもの で、1カ月前に発表したリストラの追加措置となる。一連の人員削減で 年4億ドルの経費を節減できる見通しで、年間経費を15億ドル(約1700 億円)圧縮する計画の一部となる。4日朝の株価は一時14%急落 し、5.34ドルとなった。

7-9月(第2四半期)には約50万件の解約があったため、月次契 約者数は27万2000人の純減。ブルームバーグがまとめたアナリストの予 想平均は20万3000人の純減だった。親会社のソフトバンクは4日、これ を理由に今期(2015年3月期)の営業利益予想を10%下方修正した。

今年8月に就任したマルセロ・クラウレ最高経営責任者(CEO) は電話インタビューで、「8月に就任した時のスプリントは数年ぶりの 悪い状況だったため、自分が望んだよりも迅速な行動を迫られた」と語 った。

ベライゾン・コミュニケーションズやAT&T、TモバイルUSが 軒並み顧客を増やす中で、スプリントは加入者減少が続いている。クラ ウレCEOは就任以来、劇的な経費削減策に乗り出すとともに、競合他 社による値引きへの対抗策を打ち出している。

14年見通しを下方修正

スプリントの7-9月期の純損益は7億6500万ドルの赤字となっ た。前年同期は6億9900万ドルの赤字だった。14年暦年の調整後 EBITDA(利払い税金・減価償却・償却控除前利益)は58億-59億 ドルとなる見通しで、従来予想の最高69億ドルから下方修正した。

クラウレCEOは3日の電話会議で、アップルの新型「iPhon e(アイフォーン)6」と「6プラス」の9月の発売後にスプリントの 顧客減少に歯止めがかかったことを明らかにした。同CEOは2年ごと にアイフォーンの新機種に乗り換えできる「アイフォーン・フォー・ラ イフ」と銘打った積極的な販促を開始した。同CEOは契約者数に関し て「明るいトーン」で今四半期を終えることを目指していると述べた。

原題:Sprint Cutting 2,000 Jobs as Mobile Subscribers Keep Leaving (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE