10月米自動車販売:フォード、トヨタが予想以上-SUV好調

更新日時

自動車メーカー各社が発表した10月 の米自動車販売統計によると、フォード・モーターとトヨタ自動車、フ ィアット・クライスラー・オートモービルズ、日産自動車の販売台数は アナリスト予想を上回った。ガソリン価格の下落が影響しスポーツ型多 目的車(SUV)の販売が好調だった。

トヨタは前年同月比6.9%増と、予想平均の6.4%増を上回る伸びだ った。フィアット・クライスラーは22%増。フォードは1.8%減少した ものの、アナリスト予想の4.3%減ほどは落ち込まなかった。乗用車や トラック販売が減少した一方で、SUV販売は10%増加した。

調査会社オートデータによると、業界全体での自動車販売について 年率換算で1650万台。8カ月連続で1600万台を超えた。予想平均値 は1640万台だった。

GMは0.2%増と、アナリスト予想の3.1%増には及ばなかった。 「ビュイック」ブランドの小型SUV「アンコール」は33%増加した。

クライスラーは17%増の2万7546台。新しいセダン「200」の販売 台数は40%増加した。

ホンダの販売台数は5.8%増。市場予想の8%増には及ばなかっ た。「CR-V」の販売台数は30%増の2万9257台。「フィット」 は83%急増して6851台だった。

高級車ブランド「インフィニティ」を含む日産の販売台数は13% 増。アナリスト予想は11%増だった。日産ブランドの販売台数は15%増 の9万4072台。

原題:Ford, Toyota Sales Top Estimates on SUV Demand Amid Cheaper Fuel(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE