アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港・中国株式市況】

香港株式市場では中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株) 指数が3日ぶりに反落。自動車メーカーの比亜迪(BYD)や中国最大 の石油会社ペトロチャイナ(中国石油)といった企業の7-9月(第3 四半期)決算が減益となったほか、中国の銀行最大手である中国工商銀 行で不良債権が急増したことが響いた。

ペトロチャイナ(857 HK)は香港市場で1.9%安。7-9月期の利 益が8四半期ぶりの低水準にとどまった。7-9月期が26%減益となっ たBYD(1211 HK)は8.4%安。工商銀(1398 HK)は0.8%安。

中国本土の市場では鉄道関連銘柄や電力株を中心に値上がりし、上 海総合指数は1年8カ月ぶりの高値となった。

香港のH株指数は前日比0.9%安の10628.88で終了。前日までの2 日間で4%上昇していた。ハンセン指数は前日比0.5%安。

本土市場では上海総合指数が3日続伸し、終値は前日比0.8%高 の2391.08。CSI300指数は同0.7%高で引けた。

光大証券の曾憲釗アナリストは「香港の投資家は中国企業の利益の 伸びを懸念している」と指摘。「H株は銘柄の多様性が乏しい上に、世 界経済との結びつきがより強いことが、懸念拡大の背景にある」と説明 した。

【インド株式市況】

30日のインド株式市場では指標のS&Pセンセックス指数が過去最 高値を更新した。政府が海外からの対インド直接投資に関する規制を緩 和したことを手掛かりに、不動産開発会社が高くなった。

不動産開発でインド最大手のDLFは2週間ぶり高値。不動産株の 指数は6週間で最大の上昇となった。世界最大の製油施設を所有するリ ライアンス・インダストリーズは3カ月ぶり大幅高。ルピー下落でイン フォシスなどソフトウエア輸出株も高くなった。

センセックス指数は前日比0.9%高の27346.33で終了した。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比28.52ポイント(0.5%)高 の5476.20。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比2.24ポイント(0.1%)安の1958.93。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比15.61ポイント(0.2%)安の8888.07。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE