アジア・太平洋株式サマリー:H株上昇、インド1カ月ぶり高値

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港・中国株式市況】

香港上場の中国本土株で構成するハンセン中国企業株(H株)指数 は、約1カ月ぶりの大幅高。世界的な株高の流れを引き継いだ。中国の 電力会社、華能国際電力の7-9月(第3四半期)の利益が一部の市場 予想を上回ったことが好感された。

華能国際電力(902 HK)は2.1%高。同社の7-9月期利益はバー クレイズの予想を8%上回った。ウォーレン・バフェット氏率いる米投 資・保険会社バークシャー・ハサウェイが出資している中国の電気自動 車メーカー、比亜迪(BYD、1211 HK)は3.5%高。中国当局が北京で 代替エネルギー車の利用を促進する方針を示した。

本土市場では医薬品銘柄を中心に小型株が下落。23日からの9社に よる新規株式公開(IPO)株の募集開始を控え、短期金利が上昇し た。

正徳人寿保険の呉侃ファンドマネジャーは「7-9月期決算は安定 しており、下向きのサプライズはない」と指摘。「市場の焦点は新興産 業にあり、それが中国が構造改革を進める中で発展させようとしている 分野だ」と述べた。

香港市場でH株指数は前日比1.5%高の10426.89で終了。9月17日 以来の大幅な上昇となった。

本土市場で上海総合指数は0.6%安の2326.55で引けた。CSI300 指数は0.6%安。

【インド株式市況】

インド株式市場では指標のS&Pセンセックス指数が1カ月ぶり高 値となった。モディ首相が成長てこ入れに向けた政策転換を急ぐとの期 待を背景に、自動車株を中心に上げた。

インド最大の2輪車メーカー、ヒーロー・モトコープはセンセック ス構成銘柄中で最大の上げ。発電設備メーカーのバーラト重電機は3カ 月ぶり高値となった。エンジニアリングのラーセン・アンド・トゥブロ は4営業日続伸。

センセックス指数は前日比0.8%高の26787.23で終了し、終値ベー スでは9月22日以来の高値。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比60.84ポイント(1.1%)高 の5385.87。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比21.69ポイント(1.1%)高の1936.97。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比94.19ポイント(1.1%)高の8748.83。