アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港・中国株式市況】

中国株式相場は下落。上海総合指数は約1カ月ぶり安値を付けた。 中国当局に大規模な刺激策を講じさせるほど経済成長は鈍化していない との見方が広がった。

造船会社の中国船舶工業(600150 CH)は4.8%下げ、今月の安値を 付けた。チャイナ・モバイル(中国移動、941 HK)は香港市場で1.8% 安。7-9月(第3四半期)決算が5四半期連続の減益となったことが 響いた。浙能電力(600023 CH)は9.9%高。浙江省政府の国有企業改革 計画が好感された。

本土市場で上海総合指数は前日比0.7%安の2339.66と、9月23日以 来の安値で終了。CSI300指数は0.9%安。

香港市場でハンセン中国企業株(H株)指数は0.2%安。ハンセン 指数は0.1%上昇した。

珩生鴻鼎資産管理(上海)の運用担当者、戴明氏は「7-9月の経 済成長は安定しており、市場予想と合致する水準だ」と指摘。「という ことはしかし、近い将来に大規模な成長支援策が講じられる公算を小さ くする」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式市場では指標のS&Pセンセックス指数が3営業日続 伸。モディ首相が5月の就任以降で最大となるエネルギー政策の改革を 実施に移したことが手掛かり。

インドガス公社(GAIL)は3年半ぶり高値を付けた。銅・アル ミ生産でインド最大手のセサ・スターライトは約4カ月ぶりの大幅上 昇。ICICI銀行を中心に銀行株も買われた。

ムンバイ市場でセンセックス指数は前日比0.6%高の26575.65で終 了した。

前日の取引終了後、インド政府は商業ベースの採炭を許可する法令 を承認した。炭鉱業は40年にわたって国が独占してきたが、これに終止 符が打たれることになる。補助金抑制と財政赤字削減を目指すモディ首 相は前週末には、ディーゼル油を価格統制の対象から外し、天然ガスを 値上げする措置を講じた。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比5.59ポイント(0.1%)高 の5325.03。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比14.78ポイント(0.8%)安の1915.28。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比8.50ポイント(0.1%)安の8654.64。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE