アジア・太平洋株式サマリー:香港・中国株上昇-インドも上げる

更新日時

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港・中国株式市況】

香港・中国株式相場は上昇。香港で取引される中国株の指標である ハンセン中国企業株(H株)指数が2週間ぶりの大幅高となった。中国 の李克強首相が、景気を下支えするために対象を絞った措置を活用する 方針を示した。

自動車メーカーの長城汽車(2333 HK)は香港市場で4.5%高。9月 の販売急増が寄与した。江西銅業(358 HK)と中国中煤能源(1898 HK)も高い。

深圳市場では、排出量削減や省エネに向けた事業を展開する永清環 保(300187 CH)が3.7%上昇。政府は水質保全や環境保護といった分野 で幾つかの主要プロジェクトを年内に開始すると表明した。

一方、医薬品メーカーの北京同仁堂(600085 CH)は上海市場で8 営業日ぶりに反落。本土市場では医薬品の下げが業種別で最も大きかっ た。

珩生鴻鼎資産管理の運用担当者、戴明氏は「政府が最近、多くのポ ジティブな政策を打ち出しており、それが投資家のリスク志向を高めて いる」と述べた。

香港のH株指数の終値は前日比0.9%高の10483.50。ハンセン指数 は1.2%高となった。

中国本土市場では上海総合指数が前日比0.3%高の2389.37で終了。 これで8営業日続伸となった。CSI300指数は0.1%高で引けた。

【インド株式市況】

インド株式市場は上昇。指標のS&Pセンセックス指数は前日まで 3営業日続落だった。金属株や銀行株の上げが目立った。8日公表の米 連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で事実上のゼロ金利政策が続く と示唆されたことが手掛かり。

インド2位のアルミメーカー、ヒンダルコ・インダストリーズは3 カ月ぶりの大幅上昇。国内最大の発電機メーカー、バーラト重電機は5 月以来の大きな上げ。インドステイト銀行は続伸で、2日間の上げ幅が ここ3カ月余りで最大。ルピー相場は約2カ月ぶりの大幅高となった。

ムンバイ市場のセンセックス指数は前日比1.5%高の26637.28で終 了した。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比55.42ポイント(1.1%)高 の5296.68。

【韓国株式市況】

9日の韓国株式市場は祝日のため休場。取引は10日に再開される。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比11.26ポイント(0.1%)高の8966.44。