コンテンツにスキップする

PIMCOトータル・リターン・ファンド9月流出額235億ドル

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)の旗艦ファンドである「トータル・リ ターン・ファンド」は9月の流出額が推計で235億ドル(約2兆5600億 円)に達した。月間ベースとしては過去最悪。

PIMCOの発表資料によれば、1日当たりの流出額が最大だった のは、先週まで同ファンドを運用していたビル・グロース氏が退社した 9月26日。調査会社モーニングスターによると、月間の流出額はこれま で2013年6月の96億ドルが最大だった。8月末時点で同ファンドが運用 していた顧客資金は2216億ドルで、9月の流出額はその10.6%に相当す る。

今回の数字はグロース氏(70)が資産運用会社ジャナス・キャピタ ル・グループに移籍するため突然退社した後の資金流出の動きを初めて 浮き彫りにした。有力ファンドマネジャーが率いるファンドは幹部交代 の影響を非常に受けやすい傾向がある。ジェフリー・ガンドラック氏 が09年12月にTCWグループから追放された際には、同氏が運用してい た主力ファンドがその後1週間以内に運用資産の4分の1余りを失っ た。

投資信託コンサルタント、バートン・グリーンウォルド氏は電話イ ンタビューで、「あと2、3カ月はかなりの解約があると思う」と述 べ、「PIMCOが幾分安定性を示すことができるまでは解約は続く」 と語った。

グロース氏は幹部らに辞職を迫られ執行委員会が追放を検討したの を受け退職したと事情に詳しい複数の関係者は述べている。1971年に PIMCOを共同で創設したグロース氏の退職をきっかけに、投資家は 同社への投資を見直し、TCWやダブルライン・キャピタルなどに資金 を移している。

モーニングスターによると、昨年のPIMCOトータル・リター ン・ファンドからの流出は411億ドルと、過去最悪だった。今年1-8 月にはさらに248億ドルが流出。9月も解約が続き、同ファンドの規模 は13年4月に記録した過去最高の2930億ドルから3分の1近く減少して いる。

原題:Pimco Total Return Has Record $23.5 Billion in Redemptions (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE