NY銅:5カ月ぶり安値に下落-中国製造業統計で需要を懸念

30日のニューヨーク銅先物相場は5 月以来の安値に下落。世界最大の銅消費国である中国の製造業活動を測 る民間指標の9月改定値が速報値から下向き改定されたことで、需要を めぐる懸念が広がった。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが発表 した9月の中国製造業購買担当者指数(PMI)改定値は50.2と、速報 値の50.5を下回った。同指数は50を上回ると製造業活動の拡大を示す。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物12 月限は前日比1.6%安の1ポンド=3.0075ドルで終了。一時は3.006ドル と、中心限月としては5月1日以来の安値を付けた。月間ベースで は4.8%下落し、3月以来の大幅な下げとなった。

ロンドン金属取引所(LME)の銅相場(3カ月物)は前日 比1.1%安の1トン=6667ドルで引けた。アルミニウムとスズ、亜鉛も 下落。鉛は値上がりした。29日に弱気相場入りしたニッケルは2.2% 安。

原題:Copper Futures Fall to 21-Week Low as China Factory Gauge Slips(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE