欧州株:反発、インフレ率低下でECB措置に期待-RBS高い

30日の欧州株式相場は反発。この日 に発表された9月のユーロ圏インフレ率が前月から低下し、欧州中央銀 行(ECB)が追加の刺激策を打ち出すとの観測が強まった。指標のス トックス欧州600指数は四半期ベースで2006年以降最長の5期連続高。

英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ (RBS)は1.9%上昇。2014年の評価損が同行の当初見積もりを下回 るとの見通しを示した。アイルランド銀行は1%の値上がり。RBSが アイルランドでの評価損が減少した要因に、同国での不動産価格の上昇 を挙げたことが手掛かり。一方、英衣料小売りのネクストは約2年ぶり の大幅下落。平年を上回る気温が英国で10月いっぱい続けば、年間の利 益見通しを引き下げる可能性があると明らかにした。

ストックス欧州600指数は前日比0.6%高の343.08で終了。7-9月 は0.4%上げた。この日は米国で発表された9月のシカゴ地区製造業景 況指数が市場予想に届かず、米消費者信頼感指数が予想外に低下する と、欧州株が上げ幅を削る場面もあった。

サクソバンクのプライベートバンク部門で最高投資責任者 (CIO)を務めるタイス・クヌートセン氏は電話インタビューで、 「ECBは既に、欧州経済を刺激するためにずいぶん行動した」と指 摘。ECBが定例政策委員会を開く今週は資産担保証券(ABS)やカ バード債を購入する計画の詳細が注目されるとした上で、「ECBのバ ランスシートを本格的に拡大させる大バズーカ砲が、依然として待たれ ている」と付け加えた。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が発表した9月のユー ロ圏消費者物価指数(CPI)上昇率は前年同月比0.3%。ブルームバ ーグがまとめたエコノミストの予想中央値と一致したものの、8月 の0.4%を下回った。

この日の西欧市場では、18カ国中15カ国で主要株価指数が上昇。独 DAX指数は0.6%、仏CAC40指数は1.3%それぞれ上げた。一方、英 FTSE100指数は0.4%下落。

原題:European Stocks Climb Amid ECB Stimulus Bets as Inflation Slows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE