ルーブル下落、中銀の介入促す水準下回る-資本統制を懸念

30日の金融市場ではロシアの通貨ル ーブルが過去最安値を更新。ロシア中央銀行の介入を促す水準を下回っ た。中銀が一時的な資本統制を検討しているとの当局者発言を受けて売 られた。

ルーブルは中銀の通貨バスケットに対して一時、中銀が介入開始の 目安だとしている44.40ルーブルの水準を下回った。中銀は資本統制を 検討していないとの声明をウェブサイトに掲載し、ロンドン時間午後4 時57分現在は前日比0.1%安の44.2573ルーブル。対ドルは0.4%安 の39.5800ルーブル。

10年物国債利回りは6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 上昇し9.42%。ロシア株の指標のMICEX指数は資本統制懸念で上げ 幅を縮めた。

原題:Ruble Drop to Record Raises Specter of Russian Capital Controls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE