アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。ハンセン指数の下げは2営業日として2月以 来最大となった。香港中心部の主要道路はデモ参加者により3日連続で 封鎖されている。

香港の不動産開発会社の株式が前日に続いて売られ、恒隆地産 (101 HK)とヘンダーソン・ランド・デベロップメント(恒基兆業地 産、12 HK)が少なくとも1.9%値下がり。香港取引所(388 HK) は1.5%安。UBSが同銘柄の売りを勧めた。

ハンセン指数は前日比1.3%安の22932.98で終了。前日は1.9%下落 していた。ハンセン中国企業株(H株)指数は1.2%安。香港市場は10 月1日から祝日のため休場となり、取引は3日に再開される。

KGIアジアのディレクター、ベン・クウォン氏は「香港株式市場 は政治的混乱のため、引き続き調整ムードにある」と指摘。「抗議デモ がすぐに終わることは見込めず、投資家は慎重な姿勢を取っている。明 日から2連休となるが、投資家はデモ参加者が増えて緊張が高まること を懸念している」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は上昇。四半期ベースでも上海総合指数が2009年以降 で最大の上げを記録した。政府の改革で価格が支えられるとの見方が広 がる中で、石炭株が買われた。

大同煤業(601001 CH)と陝西煤業(601225 CH)は少なくと も3.5%上昇。政府が市場価格に基づいて資源税を課す方針を示したこ とが好感された。

青島海爾(青島ハイアール、600690 CH)を中心に景気に敏感な消 費関連株は下落。HSBCホールディングスとマークイット・エコノミ クスが発表した9月の中国製造業購買担当者指数(PMI)改定値が市 場予想を下回った。

上海総合指数は前日比0.3%高の2363.87で終了。四半期の上昇率 は15%となった。CSI300指数は前日比0.1%高。

正徳人寿保険の呉侃ファンドマネジャーは「指標が悪かったた め、10-12月(第4四半期)に政府の成長下支え策があるかもしれな い」と指摘した。

【インド株式市況】

30日のインド株式市場では、指標のS&Pセンセックス指数が月間 ベースで8カ月ぶりに値下がりした。インド準備銀行(中央銀行)はこ の日、インフレ対策で政策金利を据え置いた。

インド最大の発電機メーカー、バーラト重電機は4カ月ぶり安値を 付けた。アクシス銀行は続落。アルミ生産で国内2位のヒンダルコ・イ ンダストリーズは3営業日ぶりの値下がりとなった。

ムンバイ市場のセンセックス指数は前日比0.1%高の26630.51で終 了。一時1%上げ、0.4%下げる場面もあった。月間ベースでは0.1%未 満の値下がり。前月まで2007年1月以降で最長の7カ月続伸となってい た。年初来では26%上げている。

インド市場は祝日のため10月2日から6日まで休場となる。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比28.60ポイント(0.5%)高 の5292.81。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比6.51ポイント(0.3%)安の2020.09。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比6.16ポイント(0.1%)高の8966.92。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE