メルケル独首相:「冷戦」に言及-ウクラナイ危機長期化も覚悟

ドイツのメルケル首相は、ウクライ ナをめぐるロシアと米欧の対立が長期化する可能性があるとの見方を示 し、東ドイツがソ連の支配から逃れるのに40年かかったことに言及し た。

東独出身の同首相は29日ベルリンでの発言で、ロシアに対する欧州 連合(EU)の制裁を堅持する決意を示唆。ロシアのプーチン大統領の ウクライナをめぐる行動は冷戦時代の考え方に根差していると指摘し た。

「現時点でロシアの姿勢に変化は見られない。われわれは東ドイツ の問題を解決するのに40年かかった。歴史の流れの中では長丁場を覚悟 しなければならない局面もある。4カ月ぐらいで、自分たちの要求を貫 こうとし続けることが正しいのだろうかと自問すべきではない」と語っ た。

原題:Merkel Invokes Cold War in Warning of Long Ukraine Crisis (1)(抜粋)

--取材協力:Indira A.R. Lakshmanan、Leon Mangasarian.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE