鉄鉱石価格、3四半期連続の下落か-供給過剰膨らむ

鉄鉱石価格は3四半期連続の下落と なりそうだ。そうなれば四半期ベースでは過去最長の下げとなる。世界 最大の鉄鉱石輸入国である中国の経済成長鈍化が需要の伸びを抑制する 一方、世界の供給過剰が膨らんでいることが要因。

メタル・ブレティンのデータによれば、中国の青島に荷揚げされる 鉄鉱石(鉄分62%)の価格は7-9月(第3四半期)に17%下落し1ド ライトン当たり77.97ドルと、2009年9月以来の安値となっている。1 -3月(第1四半期)は13%、4-6月(第2四半期)は19%、それぞ れ下げた。四半期ベースではデータ集計が始まった09年以降で最長の下 落となりそうだ。

米シティグループのアナリスト、アイバン・スパコウスキ氏(香港 在勤)は電話インタビューで、中国で「鉄鋼需要が非常に急激に鈍化し た」と指摘。「需要はかなり低調で、まだ上向いていない。向こう数カ 月間に緩やかに改善すると予想している」と述べた。

原題:Iron Ore Heads for Record Run of Quarterly Losses as Glut Builds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE