ドイツ銀元トレーダー、コスタ氏がプロビデンス入社

ドイツ銀行の北米クレジットトレー ディング共同責任者を務めたレイ・コスタ氏が、プライベートエクイテ ィ(PE、未公開株)投資会社プロビデンス・エクイティ・パートナー ズに入社した。

ドイツ銀で高利回り・ディストレスト債を担当していたコスタ氏は 現在、プロビデンスのクレジット部門であるベネフィット・ストリー ト・パートナーズでマネジングディレクター(ニューヨーク在勤)を務 めている。ドイツ銀のグローバル・キャピタル・マーケッツ責任者を経 て、2008年にベネフィットをスタートさせたトーマス・ガーハン最高経 営責任者(CEO)が、コスタ氏を採用した。

同CEOはブルームバーグ・ニュースに対し、「レイは経験豊富な リーダーであり、実績あるチームプレーヤーだ。われわれのチームの強 化に役立つだろう」とコメントした。

ウォール街の金融機関は、報酬抑制や監督当局による監視強化を嫌 うシニアスタッフの引き留めに苦労しており、企業買収を専門とする会 社やヘッジファンドは、これらの銀行から人材獲得に動いている。

原題:Former Deutsche Bank Trader Costa Joins Gahan at Providence (2)(抜粋)

--取材協力:Lisa Abramowicz、Nicholas Comfort.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE