中国での商品関連融資への信頼、捜査でも揺るがず-蘭ABN

オランダの国有銀行ABNアムロ・ グループの中国での事業に対する信頼は、青島港での不正融資に関する 取り調べが進んでも揺らぐことはなく、同行は商品関連融資の拡大を計 画している。商品担当世界責任者のヤンマールテン・ムルダー氏が明ら かにした。

ムルダー氏は29日、シンガポールでのインタビューで、中国公安省 が同国の取引会社による金属の担保利用について捜査を進める中、 ABNアムロは同行の融資過程を検討した結果、問題点は見つからなか ったと述べた。中国は金属とエネルギーの世界最大の消費国。

ムルダー氏は「当行の信頼は全く揺らいでいない。長期的に見れ ば、これをきっかけに専門性の低い銀行の一部が淘汰(とうた)される 可能性が高い」と指摘した。同氏は2006-12年にオランダの商品取引会 社トラフィギュラ・ビヘーアで企業金融・財務部門の責任者を務めてい た。

青島港での捜査をきっかけに銀行の商品関連融資事業からの撤退が 加速するとの観測が高まっているが、ABNアムロは中国での商品関連 融資の拡大を計画している。米シティグループや英スタンダードチャー タード、南アフリカ共和国のスタンダード・バンク・グループなどの銀 行はエクスポージャーの抑制を目指している。中国国家外為管理局は先 週、青島港のケースを含め中国全土で約100億ドル(約1兆1000億円) 相当の不正取引が行われていたことを明らかにした。

原題:ABN Amro Unshaken by Qingdao to Expand China Commodity Financing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE