中国株:上昇-上海総合指数は四半期で09年以降最大の上げ

中国株式相場は上昇。四半期ベース でも上海総合指数が2009年以降で最大の上げを記録した。政府の改革で 価格が支えられるとの見方が広がる中で、石炭株が買われた。

大同煤業(601001 CH)と陝西煤業(601225 CH)は少なくと も3.5%上昇。政府が市場価格に基づいて資源税を課す方針を示したこ とが好感された。

青島海爾(青島ハイアール、600690 CH)を中心に景気に敏感な消 費関連株は下落。HSBCホールディングスとマークイット・エコノミ クスが発表した9月の中国製造業購買担当者指数(PMI)改定値が市 場予想を下回った。

上海総合指数は前日比0.3%高の2363.87で終了。四半期の上昇率 は15%となった。CSI300指数は前日比0.1%高。

正徳人寿保険の呉侃ファンドマネジャーは「指標が悪かったた め、10-12月(第4四半期)に政府の成長下支え策があるかもしれな い」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE