ブラジル株:下落、ルセフ大統領への支持拡大-レアルも下げる

29日のブラジル株式市場では指標の ボベスパ指数が下落。世界の主要株価指数のなかで最大の下げとなっ た。通貨レアルは対ドルで1年1カ月ぶりの安値を付けた。再選を目指 すルセフ大統領への支持が拡大していることが世論調査で示された。

ボベスパ指数は前週末比4.5%安の54625.35で終了。2011年9月以 来の大幅下落となった。下げの中心は11%安となったブラジル石油公社 (ペトロブラス)。レアルは1.1%安の1ドル=2.4477レアルと、ブル ームバーグが調査している新興市場の24通貨で最大の下落率となった。

ヘッジファンド、テオリカ・インベスチメントス(リオデジャネイ ロ)のパートナー、ロジェリオ・フレイタス氏は電話取材に対し、「ル セフ大統領が勝利する可能性が高まれば高まるほど、市場にとっては良 くない」と指摘。「世論調査の結果は投資家の期待通りでなかった。ネ ガティブなニュースだ」と述べた。

原題:Ibovespa Leads World Losses as Real Tumbles After Election Poll(抜粋)

--取材協力:Gerson Freitas Jr.、Paula Sambo、Raymond Colitt.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE