シリアのイスラム国がトルコ領内に砲撃、5人負傷

シリアのイスラム過激派「イスラム 国」の国境を越えた無差別砲撃により、トルコ領内で2人の兵士を含む 5人の負傷者が出た。トルコはシリア国境沿いに戦車を配備した。

CNNトルコによれば、迫撃砲弾の1つがムルシトピナルの国境検 問所付近に着弾。この近くにはトルコ治安部隊とジャーナリストのグル ープがいた。またもう1つの砲弾もトルコ領内の難民キャンプ近くに着 弾した。同キャンプは国境から約1キロ離れていた。国営アナドル通信 は、トルコ軍が反撃し、同国領内から爆発音や銃声が聞こえたと伝え た。

シリア北部のクルド人が大半を占める町コバニにイスラム国が侵攻 し、数万人のクルド人難民がトルコに向かった。これにより戦闘がトル コに飛び火するのではないかとの懸念が強まっている。トルコは従来、 対イスラム国有志連合への参加に慎重姿勢を示してきたが、その後、同 連合に加わる用意があることを示唆している。

トルコのエルドアン大統領は28日、トルコは対イスラム国軍事作戦 に「関与せざるを得ない」と発言した。

原題:Islamic State Shells Hit Turkey as Syrian Fighting Escalates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE