PIMCO、顧客の解約に身構え-ダブルラインには大量流入

パシフィック・インベストメント・ マネジメント(PIMCO)のダグラス・ホッジ最高経営責任者 (CEO)は、PIMCO共同創業者のビル・グロース氏の退社を受け て顧客から解約の申し込みが来ると想定し、準備を整えたと述べた。

ホッジCEOは29日、PIMCOの親会社である独アリアンツの経 営陣とともに臨んだアナリストとの電話会議で、運用チームの陣営に変 化が起きたことが一部顧客での投資見直しを引き起こしたが、 PIMCOからの資金流出額を推計するには時期尚早だと述べた。

一方、ジェフリー・ガンドラック氏のダブルライン・キャピタルに はグロース氏がPIMCOを退社した26日に、数億ドルの資金が流入し た。流入額は今年最高で、同社が2009年に事業を開始して以来2番目の 高さだったとガンドラック氏が述べた。

ダブルラインなどの債券運用会社は、グロース氏がジャナス・キャ ピタル・グループへ突然移籍したことの恩恵を受けそうだ。米最大の年 金基金であるカリフォルニア州職員退職年金基金(カルパース)やフロ リダ州理事会、ニューヨーク市の5つの年金プランがグロース氏の突然 の退社を受けて状況を注視する方針を明らかにしている。サンフォー ド・バーンスティーンは、PIMCOが10-30%の資金流出に見舞われ る可能性があるとの見方を示した。

PIMCOのホッジCEOは、大口顧客の多くはPIMCOとの取 引をやめる考えはなく、ダニエル・アイバシン氏が率いる新投資チーム 発足で「不透明感」の多くは取り除かれたと述べた。

PIMCOのインターナショナル・ボンド・ファンドに債券資産の 約1.5%に相当する10億ドルを投資するカルパースは、PIMCOへの 投資を変更する計画はないが展開を見守るとともに徹底的な分析を行う としている。

「グロース氏とPIMCOの投資のプロの双方に、カルパースは敬 意を払っている」と同基金が電子メールでコメントした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE