UBS、住宅ローン担保証券めぐり米当局から情報提供要請

スイスの銀行UBSは先月、サブプ ライムローンのブーム期の住宅ローン担保証券(RMBS)に関連した 記録の提出を、米連邦当局から求められた。UBSが29日、株主向け資 料の中で明らかにした。

それによると、ニューヨーク東部地区の連邦検察当局が8月 に、2005-07年にかけてのRMBS事業についての文書と情報を求め た。ニューヨーク州司法長官も同じデータを求めているという。

UBSによると同行はまた、問題資産購入計画(TARP)を管轄 する特別監察局(SIGTARP)とコネティカット州の連邦地検、米 司法省からの問い合わせにも応じている。SIGTARPと米証券取引 委員会(SEC)は09年から現在までのRMBSトレーディングについ て情報を求めているという。

UBSは当局に協力しているとし、「他の多数の銀行も同様の質問 をこれら当局から受けたと聞いている」と付け加えた。

原題:UBS Says Subpoenaed in U.S. Over Mortgage-Backed Securities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE