米中古住宅販売成約指数:8月は前月比1%低下

8月の米中古住宅販売成約指数は前 月比で低下した。信用が引き締められ、賃金の伸びが抑えられているこ とが住宅購入を圧迫した。

全米不動産業者協会(NAR)が発表した8月の中古住宅販売成約 指数(季節調整後)は前月比1%低下した。ブルームバーグがまとめた エコノミスト調査の予想中央値は0.5%低下だった。前月は3.2%上昇 と、速報値の3.3%上昇から下方修正された。

4キャストのシニアエコノミスト、デービッド・スローン氏は、 「住宅市場は全体的には拡大しているが、リセッション(景気後退)で 大幅に冷え込んだ後、再び盛り上がり始めたわけではない」と述べた。

季節調整前ベースによると、前年比は4.1%低下と、前月の2.8%低 下から落ち込みが加速した。

地域別では季節調整後の前月比で全米4地域のうち3地域で指数が 低下。北東部は前月比3%低下、中西部は2.1%低下した。また南部 は1.4%の低下だった。一方、西部は2.6%上昇した。

原題:Pending Sales of U.S. Existing Homes Decreased 1% in August (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE