アジア・太平洋株式サマリー:ハンセンが大幅安、中国は上昇

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場ではハンセン指数が約3週間ぶりの大幅安となった。 株価のボラティリティ(変動性)が拡大し、香港ドルも値を下げた。民 主派による抗議行動に対し、警察が香港の中国返還後で最も大規模とな るデモ鎮圧に踏み切ったことが嫌気された。

ハンセン指数は前週末比1.9%安の23229.21で終了。9月10日以来 の大きな下げとなった。小売りやデベロッパー関連株が値を下げた。ハ ンセン中国企業株(H株)指数は1.4%安。香港ドルは米ドルに対し6 カ月ぶりの安値を付け、1年物金利スワップレートは1年3カ月ぶりの 大幅上昇となった。

民主派を支持する数千人の抗議行動で商業地区中心部の道路が通れ なくなり、香港の一部がまひ状態となった。週末の衝突では警官隊が催 涙ガスや唐辛子スプレーを使用。こうした衝突で小売売上高の落ち込み や米金利上昇をめぐる懸念に拍車がかかった。ハンセン指数は今年の最 高値を付けた3日から先週までで6.5%下げている。

JPモルガン・アセット・マネジメントのアジア市場チーフストラ テジスト、タイ・ホイ氏は、「センチメントの面で見ると、市場はかな り慎重な姿勢を維持する可能性が高い。香港にとっては非常に異例の状 況だ。短期的には市場にとってショックとなろうが、ファンダメンタル ズ(基礎的諸条件)やバリュエーション(株価評価)などを考慮するこ とが、より重要だ」と語った。

HSBCホールディングス(5 HK)は1.8%安と、ハンセン指数の 下げに最も響いた。宝石販売の六福集団(国際、590 HK)は4.8%安。 香港取引所(388 HK)は3.2%下げた。

【中国株式市況】

中国株式相場は上昇。上海総合指数は1年半ぶりの高値となった。 HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスの中国製造業 購買担当者指数(PMI)の発表を30日に控え、工業株を中心に買われ た。

中国最大の船舶用機器メーカー、中国船舶重工(601989 CH) は10%高。中国船舶工業(600150 CH)は2.9%高。9月のHSBC製造 業PMI改定値は速報値と変わらずの50.5と見込まれている。国家統計 局と中国物流購買連合会は10月1日に9月の製造業PMIを発表する。

上海総合指数は前週末比0.4%高の2357.71と、終値ベースで2013年 3月以来の高水準となった。CSI300指数は0.4%高の2447.80。香港 市場でハンセン指数は下落。香港での民主派のデモ拡大を受けた当局に よる大規模な取り締まりの動きが背景にある。

正徳人寿保険の呉侃ファンドマネジャーは「中国の国内市場の焦点 は政府の改革への期待だ」と指摘。「香港の問題は地域的な問題であ り、事態は今のところまだ収拾可能なように見える」と述べた。

【インド株式市況】

29日のインド株式市場では指標のS&Pセンセックス指数が小幅 安。一方、モディ首相が米国民に対する査証発行の規則を緩和したこと を受けて旅行関連銘柄は高くなった。

コックス・アンド・キングズは9カ月で最大の上げ。トーマス・ク ック(インディア)は6営業日ぶりに上昇。「タージ」ブランドの高級 ホテルを運営するインディアン・ホテルズも3日続落から反発した。

センセックス指数は前週末比0.1%安の26597.11で終了した。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前週末比49.20ポイント(0.9%)安 の5264.22。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比5.04ポイント(0.3%)安の2026.60。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比29.06ポイント(0.3%)安の8960.76。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE