アリババ系企業、民間銀行の共同設立で中国当局の承認得る

中国の電子商取引運営会社アリバ バ・グループ・ホールディング系の金融会社が、中国で銀行免許を獲得 した。米市場で史上最大規模の新規株式公開(IPO)を今月実施した アリババは、金融サービス事業を拡大する。

中国銀行業監督管理委員会(銀監会)はアリババの馬雲(ジャッ ク・マ)会長が経営権を握る浙江螞蟻小微金融服務集団や復星集団の子 会社など4社による銀行を浙江省杭州市に設立することを認可した。銀 監会のウェブサイトに29日掲載された声明で明らかになった。

声明によると、出資比率は浙江螞蟻が30%で、復星集団の子会社 は25%。他の2社はそれぞれ18%と16%を出資する。銀行設立の準備期 間は半年だという。追加の出資者については監督当局の浙江省支部が認 可する。

銀監会は29日、これとは別に均瑶集団と上海美特斯邦威服飾が上海 に銀行を設立する許可を獲得したと発表した。それぞれ30%と15%を出 資するという。

原題:Alibaba Affiliate Wins China Approval to Jointly Set Up Bank(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE