中国株:上海総合指数は1年半ぶり高値-工業株高い

中国株式相場は上昇。上海総合指数 は1年半ぶりの高値となった。HSBCホールディングスとマークイッ ト・エコノミクスの中国製造業購買担当者指数(PMI)の発表を30日 に控え、工業株を中心に買われた。

中国最大の船舶用機器メーカー、中国船舶重工(601989 CH) は10%高。中国船舶工業(600150 CH)は2.9%高。9月のHSBC製造 業PMI改定値は速報値と変わらずの50.5と見込まれている。国家統計 局と中国物流購買連合会は10月1日に9月の製造業PMIを発表する。

上海総合指数は前週末比0.4%高の2357.71と、終値ベースで2013年 3月以来の高水準となった。CSI300指数は0.4%高の2447.80。香港 市場でハンセン指数は下落。香港での民主派のデモ拡大を受けた当局に よる大規模な取り締まりの動きが背景にある。

正徳人寿保険の呉侃ファンドマネジャーは「中国の国内市場の焦点 は政府の改革への期待だ」と指摘。「香港の問題は地域的な問題であ り、事態は今のところまだ収拾可能なように見える」と述べた。

原題:China Stocks Rise to 18-Month High as Shipping Companies Advance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE