9月のユーロ圏景況感99.9に低下-ECB措置の効果まだ表れず

ユーロ圏では9月の景況感指数が低 下し、欧州中央銀行(ECB)の景気てこ入れ措置の効果が表れるには まだ時間がかかることを示唆した。

欧州連合(EU)の欧州委員会が29日発表した9月のユーロ圏景況 感指数は99.9と、8月の100.6から低下し、昨年11月以来の低水準とな った。ブルームバーグがまとめたエコノミスト25人の予想中央値に一致 した。

ECBは今週、イタリアのナポリで政策委員会を開く。条件付き長 期リファイナンスオペ(TLTRO)と記録的低金利に追加する景気刺 激策である資産購入について詳細を協議する。ユーロ圏は4-6月(第 2四半期)のゼロ成長、記録的な高失業率、ECBの物価安定の定義に ほど遠い低インフレと、景況感の重しとなる要素がそろっている。

ソシエテ・ジェネラルのシニアエコノミスト、アナトリ・アネンコ フ氏は「ユーロ圏の景気回復は非常に弱く、足踏みしがちだ」とし、域 内経済の弱さから企業は雇用や設備投資に踏み切れないと指摘。「企業 からの需要がなければ、経済は成長へと離陸できない」と語った。

発表によると、製造業景況感指数はマイナス5.5と8月のマイナ ス5.3から悪化。建設業景況感指数はマイナス27.7(前月はマイナ ス28.4)。サービス業景況感指数はプラス3.2と、前月のプラス3.1を上 回った。消費者信頼感指数の改定値はマイナス11.4で、22日公表の速報 値と一致した。

原題:Euro-Area Economic Confidence Falls in Sign ECB Plan Takes Time(抜粋)

--取材協力:Alessandro Speciale、Kristian Siedenburg.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE