中国アリババ株、先週の米市場で3.7%下落-弱気観測が浮上

中国最大の電子商取引会社アリバ バ・グループ・ホールディングの株価は米国での上場初日に急伸した が、先週のパフォーマンスは期待外れに終わった。

アリババ株の26日終値は90.46ドルと、週間ベースで3.7%下落。今 月19日の上場初日には38%急伸していた。

住宅市場の落ち込みに伴い中国経済が鈍化しつつある兆しが指標で 示される中、馬雲(ジャック・マ)氏が15年前に設立したアリババの新 規株式公開(IPO)は世界最大の250億ドル(約2兆7400億円)規模 となった。投資家の間では同社IPOへの期待の一方で、景気減速を受 けて売り上げの約90%を中国で稼ぐ同社が成長を維持するのに苦戦しか ねないとの懸念が強まっている。

リーデル・リサーチ・グループの創業者、デービッド・リーデル社 長は電話インタビューで、「景気減速は本物で、来年のいずれかの時期 にアリババへの影響が出てくるだろう」と予想。「市場に若干の懸念が あるのは明らかで、初日の大幅上昇の後、株価が横ばいに推移するか値 下がりするのは当然だ」と述べた。

原題:Alibaba Declines in First Week as Bears Emerge: China Overnight(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE