香港株:3週間ぶり大幅安、通貨も下落-民主派と警官隊衝突

香港株式市場ではハンセン指数が約 3週間ぶりの大幅安となった。株価のボラティリティ(変動性)が拡大 し、香港ドルも値を下げた。民主派による抗議行動に対し、警察が香港 の中国返還後で最も大規模となるデモ鎮圧に踏み切ったことが嫌気され た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。