インド株:上昇、格付け見通し引き上げ-国債と通貨も値上がり

26日のインド株式相場は1週間ぶり の大幅高となった。格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S& P)がインドの格付け見通しをステーブルとし、従来のネガティブから 引き上げたことが手掛かり。通貨ルピーと国債も買われた。

ムンバイ市場のS&Pセンセックス指数は前日比0.6%高 の26626.32で終了。銀行株が総じて高く、最大手のインドステイト銀行 が大きく上げた。インド最大の鉄鋼会社タタ・スチールは今週に入って 初の値上がり。

ルピーがドルに対し0.3%上げたほか、10年債利回りは約5ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)低下した。

S&Pはインドの格付けを投資適格級としては最低の「BBB-」 に据え置いた。経済成長が加速し、財政やインフレなどの指標が改善す れば格上げする可能性があると説明した。

原題:India Stocks Climb With Rupee as S&P Outlook Raised; Bonds Gain(抜粋)

--取材協力:Santanu Chakraborty.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE