米マクドナルド、チョリソー風チキンブリトーを発売-米店舗で

米マクドナルドは新商品のブリトー を投入し、チョリソー好きの消費者にアピールしようとしている。この ブリトーの売りは、具材に鶏肉が使われていることだ。

テキサスやハワイ、中西部にある約2000カ所のマクドナルドの店舗 は先月、朝食用のチョリソー風ブリトーの販売を開始した。同社の広報 担当テリ・ヒッキー氏が電子メールで明らかにした。ブリトーには、本 来の材料である豚肉ではなく鶏もも肉が使われ、スクランブルエッグや ローマトマト、オニオン、ホワイトチェダーチーズが入っている。鶏肉 は唐辛子やチリなどチョリソーで使う香辛料で味付けされている。

食品業界調査会社テクノミック(シカゴ)のボブ・ゴールドウィン 執行副社長は「マクドナルドは間違いなく苦戦しており、店に顧客を呼 び戻すための話題づくりに努めている。比較的若い消費者には大胆な味 を好む人もいる」と述べた。

ファストフードチェーン店は、ミレニアル世代がチポトレ・メキシ カン・グリルといったファストカジュアルに流れることを食い止めるた めの商品の投入に取り組んでいる。

マクドナルドのチョリソー風ブリトーは期間限定の販売で、価格は 2個で3ドル(約330円)。

原題:McDonald’s Selling Chorizo-Style Chicken Burrito at Stores (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE