英グラクソ次期会長にRBSのハンプトン氏-ジェント氏後任

英医薬品メーカーのグラクソ・スミ スクラインは次期会長に、英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットラン ド・グループ(RBS)のフィリップ・ハンプトン会長を起用する。期 待外れの米国売り上げに加え、中国で贈賄罪による罰金を科されるな ど、厳しい環境下で取締役会の新しいリーダーを迎える。

グラクソの25日の発表によると、ハンプトン氏は来年1月1日付で 取締役に就任し、4月1日に副会長職に就く。9月1日までにクリスト ファー・ジェント氏(66)の後任として非常勤会長に就任する。RBS はハンプトン氏の後任を探している。

英小売りのJセインズベリーやRBSの会長として会社の変革を監 督してきたハンプトン氏(60)の下、グラクソの経営立て直しが進むと アナリストは期待している。他の医薬品メーカーの株価が上昇するな か、米国で呼吸器領域の新薬販売が伸び悩んでいることなどからグラク ソ株は今年に入って下落。中国の裁判所は今月19日、グラクソを贈賄で 有罪とし、2億9700万ポンド(約530億円)の罰金支払いを命じた。

モルガン・スタンレーのアナリストらは25日のリポートで、「中国 当局による捜査が最近決着したことに加え、今回の人事はグラクソの変 革を求める投資家に歓迎され、株式市場で新たなシナリオの期待を生む 可能性がある」と指摘した。

原題:Glaxo Names RBS’s Philip Hampton as Chairman, Replacing Gent (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE