ベトナム:7-9月GDPは前年比6.19%増-海外からの投資増

ベトナムの経済成長は7-9月(第 3四半期)に加速した。海外からの投資拡大が製造業活動と輸出を押し 上げ、銀行融資の鈍化の影響を補った。

同国統計局が26日発表した7-9月国内総生産(GDP)は前年同 期比6.19%増と、4-6月(第2四半期)の同5.42%増(改定値)から 成長が加速。1-9月のGDPは前年同期比5.62%増だった。ブルーム バーグがまとめた予想中央値は5.4%増。計画投資省がこの日に推計値 として先に発表した1-9月GDPは5.54%増。

ベトナム政府は銀行の不良債権処理と企業向け融資の活性化に向け た取り組みを強化している。ベトナム国家銀行(中央銀行)は今年、政 策金利の引き下げを実施し、通貨ドンを切り下げた。アジア開発銀行 (ADB)は25日、ベトナムの今年の経済成長率予想を5.5%に下方修 正。7年連続で7%成長に届かないもようだ。

この日の発表によれば、1-9月の輸出は前年同期比14.1%増加 し、輸入は同11.1%伸びた。

原題:Vietnam Third-Quarter GDP Growth Rises on Foreign Investment (1)(抜粋)

--取材協力:Michael J. Munoz.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE