カバード債リターンが09年以来最長のプラス-ドラギ総裁後押し

欧州中央銀行(ECB)が景気てこ 入れ策の一環として購入を準備しているカバード債は、プラスのリター ンが過去5年で最長の期間続いている。ドラギ総裁が打ち出した計画が 追い風となっている形だ。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの指数によると、 9月のカバード債リターンは0.43%と、9カ月連続のプラスとなる方向 にある。これに対し、投資適格級の社債はプラス0.11%、高利回り債は マイナス0.26%だ。

ECBは融資促進を通じた景気浮揚を目指す中で、カバード債と資 産担保証券(ABS)の購入の準備を進めている。カバード債購入を表 明することでECBは既存の債券保有者のリターンをさらに押し上げつ つあるほか、新規発行が3カ月ぶりの高水準に達するのに寄与した。

ウニクレディトの戦略ファンディング責任者ワリード・エル・アミ ル氏(ミラノ在勤)は「ECBの購入計画は市場にとって間違いなくプ ラスで、スプレッドの大幅な縮小がその証拠だ」と述べた。

BOAメリルリンチのデータによると、カバード債の指標金利に対 する利回り上乗せ幅(スプレッド)は25日に12べーシスポイント(b p、1bp=0.01%)と、6年ぶりの低水準となった。ドラギ総裁が計 画を発表した前日である3日には21bpだった。

原題:Draghi Fuels Longest Winning Streak for Covered Bonds Since 2009(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE