プライマリーディーラーの金利予測、当局者ほどばらつかず

米政策金利の先行き予想のばらつき 具合は連邦公開市場委員会(FOMC)参加者よりもプライマリーディ ーラー(政府証券公認ディーラー)の方が少ないと、米ニューヨーク連 銀が調査リポートで指摘した。

FOMC参加者は四半期ごとに向こう数年間の政策金利予想を公表 し、「ドット・プロット(点図表)」と呼ばれるチャートに示される。

同リポートの執筆者らはブログで、「プライマリーディーラーの予 想にも幾らかのばらつきがあるものの、この3年間の予測ではFOMC 参加者の見解の違いの方がかなり顕著だった」と指摘。「民間の予測担 当者が最も起こりそうな結果を予想しようとするのに対し、FOMC参 加者は自分の見解を示すので、今後もFOMC参加者のばらつきが上回 るとみるべきだ」と説明した。

原題:Primary Dealer Consensus on Rate Path Closer Than Fed’s in Study(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE