NY金:反発、8カ月ぶり安値から持ち直し-米国株下落で

ニューヨーク金先物相場は反発。米 株式相場の下落を背景に、代替投資の買いが再燃した。

RJオブライエン・アンド・アソシエーツ(シカゴ)のシニア商品 ブローカー、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで、「株式相 場の大幅な下落が金の一時的な支えになっている」と指摘。新たな安値 をつけたため「現物の買いも入っている可能性がある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.2%高の1オンス=1221.90ドルで終了。一時は1206.60 ドルと、中心限月としては1月2日以来の安値をつけた。

銀先物12月限は1.5%下落の1オンス=17.438ドル。一時17.27ドル と2010年6月以来の安値。プラチナ先物1月限は0.4%下げて同1315ド ル。一時1300.30ドルと昨年6月28日以来の安値。パラジウム先物12月 限は2.1%安の同802.75ドル。一時795.50ドルと5月7日以来の安値。

原題:Gold Futures Rebound From Eight-Month Low as U.S. Equities Slide(抜粋)

--取材協力:Nicholas Larkin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE