トルコ・リラ、対ドルで8カ月ぶり安値-高インフレで金利維持

25日のトルコ金融市場ではトルコ・ リラがドルに対し2月以来の安値を付けた。トルコ中央銀行はこの日、 高インフレを理由に3つの政策金利全てを据え置いており、国債相場と 株価指数も下げた。

現地時間午後5時44分現在、リラの対ドル相場は前日比1.1%安の 1ドル=2.2596リラ。ブルームバーグがデータ集計する24の新興国通貨 の中で最もきつい値下がりとなっている。2年債利回りは9ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)上昇し9.41%、同国株の指標であるイ スタンブール100種指数は0.8%下落し、4月以来の安値となった。

トルコ中銀は1週間物レポ金利を8.25%に据え置いた。金利発表後 の声明で、高止まりする食料価格のため「インフレ率の改善が引き続き 遅れている」と説明した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査 でも、15人全員が金利維持を見込んでいた。8月のインフレ率 は9.54%。これは中銀が年末に目指している水準のほぼ倍。

原題:Turkey’s Lira Sinks to Eight-Month Low as Rates Kept Unchanged(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE